自動車保険の仕組みを知って賢く選んで必要な補償をしっかり確保しよう

自動車保険には大きく、人身事故における被害者の死傷に関する賠償を確保する対人賠償と、相手の車や民家や店舗に突っ込むなどした際の建物の損壊やガードレールや電柱など他人や公共の財物を損壊した場合の賠償金をカバーする対物賠償、ご自身やご自身のお車に搭乗している方の死傷に関する補償、ご自身のお車の損害を補償する車両保険があります。

通常、対人賠償と対物賠償は必ずセットされ、ご自身に関する補償は選択により付けることができる仕組みとなっています
ご自身や搭乗者の死
傷に関する補償は保険会社によって搭乗者傷害保険や人身傷害保険、自損事故保険などの名称や組み合わせが用意されています。

落書き

車両保険に関しては衝突事故や自損事故だけでなく、台風や洪水などの自然災害や火災や爆発などの事故や、落書きや盗難などのトラブルに関する補償も得ることができます。

車両保険は補償内容によって保険料の調整が可能で、保険料が安いエコノミータイプでは自動車事故以外の災害やトラブルのみをカバーします。

これに対して保険料が高くなる一般型はエコノミータイプで補償される内容に加えて、自動車どうしの事故や自転車との接触、電柱などにぶつかる自損や、崖から転落した場合や、衝突の相手方が不明な当て逃げなどの損害もカバーされます。

自動車保険の更新

自動車保険の仕組みを知って賢く選んで必要な補償をしっかり確保しよう